もちろん、できれば外れないように真っ直ぐ行った方が苦労がなくていいのですが。