一見回り道のように見えますが、そっちの方向を取らせて、最後にそこにストンと収めるというやり方をします。