それは目的を外さないようにしていけばいいのです。