ですから、嫁いだ人は、自分のこの身のこの舟はこの川を流れていくべき舟なのか、それとも別の川を流れていくべき舟なのか、あるいはもとの川にもどらなければならない舟なのかを、早急に見極めなければなりません。