ナ貎討「自分自身との対話」ができると子どもたちの目に見えないな「欠け」を補うことができる。子どもたちのこころの傾向性をはっきりとつかむことができる。良くないつきあいをやめさせることができる