男と女は対等という意味での対(つい)になるように同時に創られたというよりは、別々の役割を果たすように順番に創られた。