男がちからを発揮するしか無いのです。おんなは、そのちからについていくのです。