だからまず受けるということが大事なのです。「はい。」という心です。