分かってもらえないという悲しい別れをいくつも体験して、私が思ったことがある。