女が嫁ぐということは、自分が乗っていた川の舟をあちらの川から、土手を越えてこちらの川へとかついでもってきて、浮かべ変えるということなのです。

こちらの川に浮かんだ舟は、もうこちらの川の流れに乗らなければなりません。あちらの川の流れとはえんが切れたのです。振り向いてはいけません。未練を持ってもいけません。あちらの川で何が起ころうと、一切関わってはいけないのです。